ハンターハンターのネタバレまとめ!物語の核心に迫る謎を大暴露!

ハンターハンター ネタバレ

 

連載開始から圧倒的な人気を誇り、日本を代表する漫画作品でありながら休載が多いとの特徴を持つのが、「ハンターハンター」です。

 

週刊少年ジャンプという競争の激しい場所で、ここまで休載が認められているのはそれだけハンターハンターが期待されている証拠。

 

そんなハンターハンターですが、最近の話がどうなっているのか気になりますよね?

 

ここでは、ハンターハンターのネタバレについて紹介していきます。

 

 

ネタバレ1:「オイト」が発動した念能力があり得なかった…

 

ハンターハンター ネタバレ

 

クラピカが発動した「人差し指」の能力は、発動するまでの間は強制的な「エンペラータイム」になります。

 

発動をさせるために、虫を探そうとするのですが簡単には見つからず…。

 

1014号室では人の出入りが激しくなっており、第5王子の私設兵隊長「マオール」が入室。

 

スポンサーリンク

ハンターハンターの強さランキング10!
意外な人物がランクイン…

 

警護兵控室にて、クラピカは念能力の件を伝えようと考えており、そのためにビルや王子、オイト王妃を除く全員を外に移動させるように伝えます。

 

クラピカの計画では、その間に念能力を発動できる虫を探す魂胆だった訳ですが、予想外の事態に発展。

 

なんと、王妃と王子の同席を願いたいとの声があがり、クラピカはしぶしぶ了承。

 

バビマイナからしてみたら、情報掌握と王子の警護というのは両方とも最重要任務であり、この部分だけは譲ることができないとのこと。

 

警備兵控室は大量変死が実際に起こった場所であり、クラピカがそこにわざわざ移動する点に不信感を募らせるバビマイナ。

 

主寝室に移動したクラピカは、念能力のことをオイト王妃に説明し虫を探し始めます。

 

すると都合よくゴキブリを発見し、オイトが念能力を発動してゴキブリと同期を開始。

 

オイト王妃はゴキブリを自在に操ることができるようになり、「少し休ませてほしい」とタオルに目をあてます。

 

これは演技であり、まさか王妃がゴキブリを操作しているなんて誰にも気づかれることはありません。

 

ビルは護衛兵たちの要望に応えながら、ゴキブリを自在に操るオイト王妃。

 

ところが、バビマイナはクラピカが全てを掌握しており、彼が指示していると確信し、クラピカもバビマイナが一筋縄ではいかない相手だと理解。

 

そこで367話は終了しました。

 

 

ネタバレ2:「モモゼ」の死亡を発見した意外な人物が明らかになった

 

ハンターハンター ネタバレ

 

オイト王妃が操作しているゴキブリは、違う王子の部屋へ偵察に向かいます。

 

第12王子「モモゼ」の部屋を偵察したゴキブリ(オイト王妃)は、そこであり得ない映像を見てしまったのです。

 

なんと、モモゼが何者かに首を絞められて殺害されそうになっている映像で、オイト王妃は「モモゼが殺される!」と絶叫。

 

第1王子の私設兵や、何か怪しいと考えていたバビマイナがいる前でオイト王妃が絶叫したものだからクラピカも困惑。

 

スポンサーリンク

 

ゴキブリを操作していると思われないよう、ここまで上手くやりおおせていたのにオイト王妃が絶叫しては意味がありません。

 

クラピカは何とか落ち着かせようとしますが、オイトはそれどころじゃない様子。

 

クラピカは、モモゼの所に人を派遣したところ、モモゼは窒息死していました。

 

止められたかもしれないと、深く悲しむオイト王妃。

 

その後、どうしてモモゼが早い時間帯に就寝したのか、クラピカの推理が始まりどうやら犯人は念に精通していると判明。

 

オイト王妃は息子を殺されないために、絶望感を募らせながらも頑張って探索を続行。

 

クラピカは今後の打ち合わせをビルと行おうとしましたが、疲労によりクラピカが倒れます。

 

クラピカの念能力は、かなりのエネルギーを消費するので知らない間に疲労が蓄積されていたんですね。

 

ビルは確かに優秀ですが、クラピカの代わりが務まるかといえば不安なところ。

 

今後、物語はどのような展開を迎えるのでしょうか?!

 

 

ネタバレ3:「クラピカ」の寿命が縮んだ理由がヤバかった…

 

ハンターハンター ネタバレ

 

緋の目を酷使したことで、知らない間に披露が蓄積し倒れてしまったクラピカ。

 

368話では、ビルに任せるのは心もとないと感じた読者は、いったいどうなってしまうのかハラハラしていました。

 

すると369話でクラピカはすぐに目を覚まし、特に問題はなさそうです。

 

しかし絶対時間によって縮んでしまった寿命を再計算してみると、およそ5年ほど短くなっていると判明。

 

スポンサーリンク

クラピカは女だった?
女性と言われる理由や真相

 

確かに強い能力ではありますが、この能力に頼り続けることはリスクを伴うと分かりますね。

 

さて目覚めたクラピカを見て、ビルはほっと一安心。

 

同じタイミングで気を失っていたオイト王妃も目覚め、第12王子の探索を開始しようとしますが、クラピカは第4王子から優先してほしいと提案。

 

第1、2王子はどちらも、私設兵がどちらも念能力者であり、ゴキブリはおろかアリ1匹も中に入ることはできないとクラピカは予想。

 

第4王子を優先することに対して、オイト王妃は戸惑いを感じておりクラピカは再度「自分たちは王子と王妃を守るためにきた」と説明。

 

オイト王妃は、第4王子の部屋を探索したところ、念獣が突然に姿を現わしゴキブリを捕食。

 

オイト王妃は絶叫し、絶対時間が解除されました。

 

クラピカは、スチールチェーンが諸刃の剣であり、使うタイミングを慎重に見定める必要があると戒めます。

 

オイト王妃は、生き残るためには強くなる必要があるとして、念能力を教えてほしいとクラピカに話し、クラピカは「もう念を使える準備ができている」と説明。

 

さて、クラピカは王子の護衛兵などを指定の場所に集めますが、その中で「ヒュリコフ」は何か怪しい雰囲気を出しています。

 

そのヒュリコフの腹をすかしている人物がもう一人おり、その謎の人物は「サイレントマジョリティー(11人いる)」を発動しようと考えていたのです。

 

 

ネタバレ4:「サイレントマジョリティー」の能力者が判明した!?

 

ハンターハンター ネタバレ

 

クラピカは16名の集いし者に対して、念能力の説明を開始します。

 

その16名には、サイレントマジョリティーの能力により登場した、「座敷人形(黒ぼっこ)」も。

 

能力者本人とロベリーという人物のみが視認できる黒ぼっこは、そこに集っていても違和感がありません。

 

クラピカが念能力の説明を開始したところで、さっそくルールを破る人物が現れひと悶着。

 

そのルールを破ったのは、「ミュハン」といういかにも短気そうな人物。

 

クラピカからの注意に対して怒り心頭な表情をしますが、ダンジンが彼を制したので何とかその場は収まります。

 

しかし、サイレントマジョリティーの能力者はミュハンの愚かな行動により、不測の事態が発生する可能性を危惧。

 

もし誰も殺さずに強制解除となれば、呪いが自身に返ってきてしまうので、ツチボッコに攻撃命令を出しました。

 

クラピカは16名に自己紹介をさせますが、その間にヒュリコフはクラピカを細かく観察。

 

サイレントマジョリティーの能力者は、自己紹介が進んでいく中で、皆がどこかに注意を集めた段階が攻撃を開始するチャンスと睨みます。

 

そして自己紹介等が続く中、いよいよ第10王子の従事者であるロベリーが、黒ぼっこの存在に気付きました。

 

同僚に黒ぼっこがいると話しますが、もちろん同僚には見えていないのでロベリーはついに大きな声で叫びます。

 

全員の注目がロベリーに集まったところで、チャンスと見たサイレントマジョリティーの能力者は攻撃を開始

 

そんな中、ツチボッコの攻撃を受けてもだえるバリゲン。

 

バリゲンは全身の血を吸われていくところで、サカタがバリゲンを射殺。

 

クラピカは、今後の当面の問題は暗殺者を探すことになると、クラピカは確信するのでした。

 

 

まとめ

 

ハンターハンター ネタバレ

 

ここでは、ハンターハンターのネタバレについて紹介していきました。

 

休載を挟みながらも、面白い展開が続く本作は今後どうなってしまうのか毎回ハラハラさせられます。

 

ネタバレではクラピカと念能力、そしてオイト王妃などが登場しサイレントマジョリティーの能力者も出てくる始末。

 

何がどうなっていくのか先がまったく読めないので、一生懸命に内容に追いついていきたいですね。

 

 


他にこんな記事も読まれています

ハンターハンターの強さランキング10!意外な人物がランクイン…

ハンターハンター ネタバレ 漫画・ハンターハンターには魅力的なキャラクターが多数登場しますが、敵キャラにもそれが当てはまり物語の進展により、次々と強敵が登場していきます。強さのインフレが起こりやすいバトル漫画ですから、ハンターハンターも例外ではなくどんどんと新しいキャラが出現して主人公側を苦しめるのです。そんなキャラクターですが・・・

≫続きを読む

 



ヒソカの死亡原因がヤバい…死んだ真相まとめ

ハンターハンター ネタバレ 1998年から連載を開始し、2006年以降は不定期で発表されている漫画として知られているのが、「ハンターハンター」です。主人公ゴンがハンターになり、難しい試験を突破しながら成長していくストーリーですが、心の闇などが見え隠れするので・・・

≫続きを読む

 



ヒソカとマチの関係ヤバい…出会いや2人の今後

ハンターハンター ネタバレ 漫画・ハンターハンターの初期から登場する重要キャラクター「ヒソカ」は、連載が続いてもその素顔が全く分からず不思議な人物です。ヒソカは、強敵と戦うことだけを悦びとしており、そのためならどんな犠牲をも厭わない、そうした性質を・・・

≫続きを読む

 



ピトーの能力が異常…特徴や壮絶な最期

ハンターハンター ネタバレ 漫画・ハンターハンターの初期から登場する重要キャラクター「ヒソカ」は、連載が続いてもその素顔が全く分からず不思議な人物です。ヒソカは、強敵と戦うことだけを悦びとしており、そのためならどんな犠牲をも厭わない、そうした性質を・・・

≫続きを読む

 



ビスケの真の姿がヤバい…あり得ない能力まとめ

ハンターハンター ネタバレ 漫画・ハンターハンターの初期から登場する重要キャラクター「ヒソカ」は、連載が続いてもその素顔が全く分からず不思議な人物です。ヒソカは、強敵と戦うことだけを悦びとしており、そのためならどんな犠牲をも厭わない、そうした性質を・・・

≫続きを読む

 



ポンズの最期がトラウマ…性格や今後の予想

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターには魅力的な女性キャラクターが多く登場しますが、その中でも色々な意味で注目を集めたのが「ポンズ」です。人気投票ランキングでも上位に位置するほど、読者から愛されていたアマチュアハンターとして知られています。そんなポンズですが、壮絶な最期を迎えたことをご存知ですか?ここで・・・

≫続きを読む

 



マチの過去が壮絶…ヒソカとのヤバい関係や性格

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターには魅力的な女性キャラクターが多く登場しますが、その中でも男性読者からダントツな人気を得ているのが、「マチ・コマティネイト」です。彼女は幻影旅団に所属するメンバーなので、ゴンたち主人公側からしてみれば敵にあたる訳ですがそれでも支持を得ています。そんなマチですが・・・

≫続きを読む

 



イルミの性格が歪みすぎ…異常な強さや能力

ハンターハンター ネタバレ 漫画・ハンターハンターの主人公「ゴン」の親友として登場するキルアの兄として知られ、かなりの実力を持っているのが「イルミ=ゾルディック」です。暗殺を生業にしている家系に生まれ、長男として両親の指示を忠実に実行するなど、暗殺の腕前を磨いてきた人物。そんなイルミですが・・・

≫続きを読む

 



カイトの生涯が悲惨…壮絶な最期やゴンとの関係

ハンターハンター ネタバレ 漫画・ハンターハンターは、少年誌にしてはグロテスクな表現が多い異色の作品ながらも、ファンを数多く獲得しています。ハンターとして必要な技術を磨きながら、主人公・ゴンが成長していくストーリーも魅力的に見られているのです。そんなハンターハンターですが、カイトという人物・・・

≫続きを読む

 



キメラアントの最期が感動…特徴やメンバー特集

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターに登場する敵キャラクターは非常に多いですが、その中でも強敵揃いの種とされるのが「キメラアント」です。限定的ですが第一級隔離指定種に認定されるほどの危険種であり、世界の外側から来た外来種として注意されていました。そんなキメラアントですが・・・

≫続きを読む

 



ゴンの過去がヤバい…意外な性格や念の喪失理由

ハンターハンター ネタバレ 漫画・ハンターハンターの主人公として登場する一方で、半強制退場をくらうなど主役らしくない境遇を受けているのが「ゴン=フリークス」です。ゴンとキルアそしてクラピカなどは、誰が主人公だとしても不思議ではないほど登場回数が多く、ストーリー的にはゴンが一番活躍して・・・

≫続きを読む

 



コムギの最期に号泣…意外な性格や活躍まとめ

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターに出てくる、「コムギ」という少女は一見するとパっとしないキャラクターであり、脇役と思われても仕方ない人物です。ところが、キメラアント編で主人公よりも活躍し、彼女の存在は物語で欠かせないものとなっています。そんなコムギですが、最期が泣けると話題なのを・・・

≫続きを読む

 



ジャイロの過去が悲惨…本当の目的や意外な正体

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターには多くの団体などが登場しますが、NGLを設立して後に影の首謀者にまでなったのが「ジャイロ」という人物です。元々は人間でしたが、キメラアントに捕食されたことにより人間ではなく蟻となった訳ですが自我をそのまま残している特異な存在。そんなジャイロですが・・・

≫続きを読む

 



シャルナークの最期が壮絶…意外な性格や能力

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターに登場する「シャルナーク」は、幻影旅団の設立から所属する古参メンバーであり、読者からかなりの人気を持っています。旅団員からの信頼も厚く、リーダーのクロロが不在の時などは指示を出すなどの代役を務めメンバーから便りにされているのです。そんなシャルナークですが、壮絶な最期を迎えたのをご・・・

≫続きを読む

 



念の今後がヤバすぎた…特徴や修行方法まとめ

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターの世界では、現実世界ではあり得ない特殊能力「念」が存在し、ハンターの多くが念を使えるようになっています。修行すれば誰でも習得できる念ですが、あまりにも力が強いので一般には秘匿とされており存在を全く知らない一般人は少なくありません。そんな念ですが、どんな種類があるのか気になります・・・

≫続きを読む

 



ネテロの最期が悲惨…特徴や強すぎな能力まとめ

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターに登場する人物の中でも、歴代最強と称されるハンターとして知られているのが「ネテロ」です。ハンター協会の会長にして、100歳を優に超える年齢ながら圧倒的な実力は健在であり他のハンターから尊敬されています。そんなネテロですが・・・

≫続きを読む

 



ノヴの役割が悲惨…性格やハゲたヤバい理由

ハンターハンター ネタバレ 漫画・ハンターハンターに登場するキャラクターの中でも、容姿が大きく変化して読者を驚かしたのが「ノヴ」という優秀なハンターです。ネテロ会長からの支持も高く、信頼を置かれていた相手でありかなりの実力を持ちハンター協会から認められていました。そんなノヴですが、どうして容姿が変化したのか気になりま・・・

≫続きを読む

 



暗黒大陸がヤバい…大陸の全容や今後の予想

ハンターハンター ネタバレ ハンターハンターには、今までの世界が全てだと思われていましたが選挙編が終了したと同時に、「暗黒大陸」があると判明しました。ゴンたちが生活していた場所は、世界のほんの一部でありその外側には、未知なる世界が広がっているのです。そんな暗黒大陸ですが、謎が多いのを・・・

≫続きを読む